一般社団法人 日本音楽事業者協会 JAME

音事協の森 日本音楽事業者協会は、森林の育成事業を進めています。

音事協の森 トップページ「北杜 音事協の森」 > 「北杜 音事協の森」について

「北杜 音事協の森」について

人と自然との共生を目指した森づくり

森の様子をのぞいてみる

本事業で造林する地は、北杜市の南端に位置する日照時間日本一といわれる明野町にあり、前方に甲斐駒ケ岳から連なる南アルプス、背後には茅ヶ岳と日本を代表する山々を望むことができます。

「音事協の森」として植林を進める森林については、郷土樹種から広葉樹を中心に植栽し、季節ごとに変化のある“見て楽しむ森”、郷土の森林として訪れた人々が“親しむ森”、また次世代を担う子供たちが“学ぶ森”づくりを目指すものです。

(1)所在地:
山梨県北杜市明野町小笠原字長者窪6,699番2他筆

(2)標高:800m / 広さ:約1.5ha. / 植栽本数:約4,400本

(3)植栽計画
森林部を大きく4つのゾーンに分け、東屋から出発するチップを敷き詰めた遊歩道を進むと「夏」→「春」→「秋」→「冬」と四季の変化が楽しめる広葉樹を植栽、各ゾーンの区切りにはシンボルツリーを配置。
両脇土手には針葉樹のカラマツを配置、遠近感が生まれるとともに紅葉も楽しめる。また、森の内部に休憩所などとして利用できる芝生広場を設ける。さらに、どんぐりの森を造成し、森林教育等に活用する。

<植栽樹種>
・「春」の森・・・マユミ、ウツギ、ウグイスカズラ、ニシキギ、ガマズミ、ヤマツツジ、ミツバツツジ
・「夏」の森・・・クヌギ、コナラ、エノキ
・「秋」の森・・・イロハモミジ、イタヤカエデ
・「冬」の森・・・シラカシ
・「四季」の森・・・ヤマザクラ、ケヤキ、エンジュ、アカシデ、ヤシャブシ、リョウブ、ホオノキ、ネムノキ、ハンノキ、エゴノキ
・他・・・カラマツ、どんぐり
・シンボルツリー・・・ケヤキ、エノキ、カラマツ、イロハモミジ、モミ

森の見取り図

(4)計画
   ◆平成20年度:地拵え、歩道整備、駐車場整備/◆21年度:植栽、下刈り(年1回)、看板設置/
   ◆22年度:補植、下刈り(年2回)、施肥/◆23年度~25年度:下刈り(年2回)/
   ◆26年度以降:10年後を目安に間伐実施

(5)植栽後の活用について  森を訪れる方の憩いの場として、また樹木の生育状況に合わせた子供たちの勉強会及び市民を対象とした「森づくり」講座の実習の場として活用する。