肖像権に関する代表的判例

プライバシー権(人格権)

宴のあと事件

日本で初めてプライバシー権が認められた事件が「宴のあと」事件です。 この事件は、小説「宴のあと」について、そのモデルとされた政治家が私生活をのぞき見したかのような描写によってプライバシーを侵害されたとして損害賠償と謝罪広告を求めて、作者と出版社及び発行者を提訴した事件です。

裁判所は、次のように判断して、プライバシー権の侵害による損害賠償請求を認めました。
「いわゆるプライバシー権は、私生活をみだりに公開されないという法的保障ないし権利として理解されるから、その侵害に対しては侵害行為の差し止めや精神的苦痛に因る損害賠償請求権が認められるべき」として、「プライバシーの侵害に対し法的な救済が与えられるためには、公開された内容が私生活上の事実または私生活上の事実らしく受け取られるおそれのあることがらであること、一般人の感受性を基準にして当該私人の立場に立った場合公開を欲しないであろうと認められることがらであること、換言すれば一般人の感覚を基準として公開されることによって心理的な負担、不安を覚えるであろうと認められることがらであること、一般の人々に未だ知られていないことがらであることを必要とし、このような公開によって当該私人が実際に不快、不安の念を覚えたことを必要とする」と判断しました。

この判決は、裁判所がプライバシー権をはじめて正面から認め、さらに、プライバシー権侵害が認められるための要件を示したものです。この判決が示したプライバシー権侵害の要件は、その後のプライバシー権を巡る裁判例においても、多少の差異はありますが、概ね踏襲されており、日本におけるプライバシー権の先駆的な判決となっています。