一般社団法人 日本音楽事業者協会 JAME

インフォメーション

インフォメーショントップに戻る

イベント開催の制限緩和について

2020.09.23

この度、イベント開催に関する制限緩和に関して政府より方針が公表されました。

主な概要

○業種別ガイドラインにおいて、必要な感染防止策が担保される場合に以下の通り緩和する
 ①収容率要件
  ・感染リスクの少ないイベント(※1)については100%以内に緩和
  ・その他のイベント(※2)については50%以内(※3)とする
 ②人数上限
  ・収容人数10,000人超え:収容人数の50%
  ・収容人数10,000人以下:5,000人
  (注)収容率と人数上限のどちらか小さいほうを限度(両方の条件を満たす必要)

○上記は9月19日より施行、当面11月末までとし、12月以降については改めて検討を行う

※1)大声での歓声声援等がないことを前提とするもの(クラシック音楽コンサート、演劇等)
※2)大声での歓声声援等が想定されるもの(ロック、ポップコンサート、スポーツイベント、ライブハウス等)   
※3)異なるグループ間では座席を1席空け、同一グループ(5人以内に限る)内では座席間隔を設けなくともよい
  (収容率は50%を超える場合がある)

詳細は、内閣官房「新型コロナウイルス感染症対策」ページをご確認ください。
>【事務連絡】9月19日以降における催物の開催制限等について

 


<2020.9.23更新>

関係省庁より、下記事項に留意する旨、通達がありました。

  • 公共交通機関等の密集や催物後の会食等により、催物の前後における感染拡大リスクが高まる場合がある。イベント主催者等からの注意喚起に加え、関係団体におかれては、イベント主催者等との連携等を図りながら、催物の前後における感染防止策を徹底すること。
  • 催物の開催規模が拡大することに伴い、感染防止策のさらなる見直しが必要となる場合には、必要に応じて、更なる感染防止策を実施すること。