Portraits(ポートレイツ)は、
肖像権・パブリシティ権について
世の中の人によく理解してもらうために
結成されたアイドルグループです。

「肖像権」とは、自分の姿を無断で撮影されない、また無断で公表されない権利です。
「パブリシティ権」とは、活動によって高まった有名人の氏名・肖像の財産的な価値を利用する権利です。

Portraits

  • Perfect Sunday!

    作詞・作曲:烏屋茶房/作曲・編曲:篠崎あやと
    /ギター:和田たけあき
    イラスト:のう/映像:まきのせな
    /キャラクター原案:りゅうせー

CHARACTER

ソロユニット「Privacy」として活動していた大鳳肖を中心にジュニア選抜ユニット「Publicity」の
小鳥遊商、七瀬鑑、マイケル・宣・オリバーによって結成された男性4人組アイドル。2020年結成。
大鳳肖をはじめメンバーはそれぞれ過去に肖像権、パブリシティ権を侵害された苦い経験をしており、
肖像権、パブリシティ権の侵害は知らず知らずのうちに
誰もが起こしてしまう身近で大切な問題であるということを伝えていくため、グループとしての活動を決意。
肖像の意味を持つportraitをグループ名に、メンバーの名前に肖像権の「肖」、
パブリシティ権利用の三要素である「商」(商品化)「鑑」(鑑賞目的)「宣」(宣伝利用)をそれぞれなぞらえている。

  • 大鳳肖

    大鳳

    Ootori Sho

    (cv.土田玲央)

    「Privacy」というソロ名義で活動していた国民的アイドル。ふわふわとした雰囲気とステージでの挑発的なパフォーマンスのギャップに人気が集まる。まさにグループの「肖像」とも言える存在。反面常識には疎く、変な行動が多い。

  • 小鳥遊商

    小鳥遊

    Takanashi Akina

    (cv.徳留慎乃佑)

    グループのグッズ・商品企画担当。実家があまり裕福では無く、家計を助ける目的でアイドルを始める。金にうるさく、可愛いものが好き。常に抱えるぬいぐるみの「まもきち」はアイドル活動を始める際に弟達から贈られたもの。

  • 七瀬鑑

    七瀬

    Nanase Kagami

    (cv.鈴木崚汰)

    グループの美術、デザイン等を担当する真面目で誠実な最年少。芸能活動をしながらも学年では主席。やや神経質で一人で抱え込む癖があり、基本的に奔放な他メンバーの行動に日夜胃を痛める。大鳳に憧れオーディションを受けた。

  • マイケル・宣・オリバー

    マイケル・・オリバー

    Michael・Sen・Oliver

    (cv.古田一紀)

    グループの広報担当。幼い頃をドイツで過ごした帰国子女。日本人の母親と、ドイツ人の父親を持つ。かなりのお調子者で、常に首から下げたカメラで撮影を試みる。本番前、小鳥遊とともに七瀬をからかって遊ぶ姿がよく見られる。

大鳳

Ootori Sho

(cv.土田玲央)

「Privacy」というソロ名義で活動していた国民的アイドル。ふわふわとした雰囲気とステージでの挑発的なパフォーマンスのギャップに人気が集まる。まさにグループの「肖像」とも言える存在。反面常識には疎く、変な行動が多い。

小鳥遊

Takanashi Akina

(cv.徳留慎乃佑)

グループのグッズ・商品企画担当。実家があまり裕福では無く、家計を助ける目的でアイドルを始める。金にうるさく、可愛いものが好き。常に抱えるぬいぐるみの「まもきち」はアイドル活動を始める際に弟達から贈られたもの。

七瀬

Nanase Kagami

(cv.鈴木崚汰)

グループの美術、デザイン等を担当する真面目で誠実な最年少。芸能活動をしながらも学年では主席。やや神経質で一人で抱え込む癖があり、基本的に奔放な他メンバーの行動に日夜胃を痛める。大鳳に憧れオーディションを受けた。

マイケル・・オリバー

Michael・Sen・Oliver

(cv.古田一紀)

グループの広報担当。幼い頃をドイツで過ごした帰国子女。日本人の母親と、ドイツ人の父親を持つ。かなりのお調子者で、常に首から下げたカメラで撮影を試みる。本番前、小鳥遊とともに七瀬をからかって遊ぶ姿がよく見られる。

Debut Title

アフタースクールフィーバー feat.初音ミク

作詞:りゅうせー/作曲:じん/編曲:大久保薫